小林 司 公式サイト

年表

年表イメージ1 年表イメージ2 年表イメージ3
昭和45年(1970)
0歳
埼玉県川口市で生まれる。
昭和52年(1977)
6歳
川口市立元郷小学校入学。
昭和58年(1983)
12歳
私立開成中学入学。
平成元年(1989)
18歳
私立開成高校卒業。

小林司 少年時代1 小林司 少年時代2 アイセックの国際会議で日本代表として登壇

アイセックの国際会議で日本代表として登壇

平成2年(1990)
19歳
慶応義塾大学商学部入学。
学生時代はアイセックという海外企業交換研修団体に入会。
平成4年(1992)
19歳
アイセックで組織運営に精励して日本委員会委員長を努める。
平成6年(1994)
23歳
株式会社電通入社。ラジオ局に配属。
ラジオ番組に広告主をつける仕事に従事。
平成10年(1998)
27歳
Jphone(現ソフトバンク)を担当し、
番組連動ライブや海の家など運営。
平成11年(1999)
28歳
講談社と読み聞かせ運動の一環で、
名作文学の朗読番組をTBSラジオで開始。

楽天会社入社 リンクシェアジャパン(株)の表彰式にて

リンクシェアジャパン(株)の表彰式にて

平成12年(2000)
29歳
楽天会社入社。インターネットの可能性そして経営の経験が積める可能性に賭けて転職。
平成16年(2004)
34歳
楽天イーグルス立ち上げメンバーとしてスポンサー営業を担当。売上目標を達成し、初年度黒字化に貢献。
平成17年(2005)
35歳
楽天株式会社執行役員就任。
主にグループの広告企画、販売を統括。
平成18年(2006)
36歳
中央大学専門職大学院国際会計研究科修了。ファイナンス修士取得。M&Aをはじめとする企業財務に関する知識を習得するため社会人大学院に通う。
平成22年(2010)
39歳
第22回参議院議員選挙に埼玉選挙区より立候補。(41万6千票獲得するも惜敗)40歳を目前に夢であった政治に生まれ故郷の埼玉から挑戦。
平成22年(2010)
40歳
リンクシェア・ジャパン株式会社代表取締役社長に就任。参院選後、楽天に復職し、三井物産との合弁会社で、成果報酬型広告の同社社長に就任。
平成24年(2012)
41歳
楽天ショウタイム株式会社(楽天100%子会社)代表取締役就任。グループ内の体制変更にともない、動画配信サービスの同社代表取締役就任。

飯能・能仁寺で座禅を組む

飯能・能仁寺で座禅を組む

伊勢ヶ濱部屋・初場所千秋楽打上式にて

伊勢ヶ濱部屋・初場所千秋楽打上式にて

平成25年(2013)
8月
小林司事務所設立。
同年
10月
株式会社日本電子新聞社代表取締役主筆就任。
インターネットオピニオンメディア「クオリティ埼玉」発行。
株式会社日本総合ファシリティ設立および代表取締役就任。
平成26年(2014)
4月
一般社団法人埼玉都市政策研究所設立および代表理事就任。
講演

講演

2014年
3月
ACT1(社団法人)
「0から1へのチャレンジ」
同年
5月
坂戸さつきロータリークラブ
「50年ぶりのプロ野球新規参入を経験して」。
同年
6月
浦和区倫理法人会
「企業のDNAについて」。
同年
7月
国際ロータリー第2570地区公共イメージセミナー
「広報マーケティング戦略におけるネットの活用」。

PAGETOP